ロイヤルオークの50周年モデルは何本売れましたか?

ロイヤルオークの50周年モデルは何本売れましたか?

オーデマ ピゲの「ロイヤルオーク スーパーコピー」は、1972年に誕生し、今年で50周年を迎えた。その記念として、オーデマ ピゲは50周年記念モデルを発売した。このモデルは、オリジナルの「ロイヤルオーク」のデザインを継承しつつ、いくつかの変更が加えられている。たとえば、ケースサイズは41mmから42mmに拡大され、ベゼルはよりシャープなデザインに変更されている。また、ムーブメントは新しいキャリバー5900を搭載し、パワーリザーブは60時間から70時間に延長されている。


50周年記念モデルは、当初は1000本限定で発売される予定だったが、予想以上の反響があり、最終的には2000本が生産された。このモデルは、世界中の「ロイヤルオーク」ファンから高く評価され、瞬く間に完売となった。

50周年記念モデルの価格は、ステンレススティール製で280万円、ピンクゴールド製で400万円、ホワイトゴールド製で500万円となっている。このモデルは、オーデマ ピゲのブティックや正規販売店で購入することができる。

50周年記念モデルは、オーデマ ピゲの歴史に残る記念碑的なモデルとなった。このモデルは、これからも「ロイヤルオーク」ファンから愛され続けることだろう。

0 thoughts on “ロイヤルオークの50周年モデルは何本売れましたか?

  • 高級時計買い時は、セールや特典を利用して、お得に手に入れることができるかもしれません。

  • オメガの電池交換は、正規のオメガサービスセンターや時計専門店で行うのが安全です。専門知識を持ったプロが確実に作業を行います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2024年春夏、流行の最先端を行く!
カテゴリー
最近の投稿
最近のコメント
2024年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
26272829  
アーカイブ
タグ